facebook
             
             
コンサート情報 
アーティスト 
チケット購入 
コンサートのお問合せ 
Artists 会社概要 お問合せ English サイトマップ プライバシーポリシー        



    前のページへ戻る


 沼田園子 Sonoko Numata (vn)
 
沼田園子
Sonoko Numata (vn)
弦楽器
Strings
◆招聘・所属アーティスト Concert Artists
ヴァイオリン
 
■ プロフィール
 東京藝術大学音楽学部弦楽科を首席で卒業。同大学院博士課程単位習得。パガニーニ生誕200年祭国際ヴァイオリン・コンクール第3位、マリア・カナルス国際ヴァイオリン・コンクール、ヴァイオリン、ピアノ二重奏部門において第2位、アルベト・クルチ国際ヴァイオリン・コンクール第5位それぞれ入賞。日本音楽コンクール作曲部門における演奏に対してコンクール審査委員会特別賞、アール・レスピランのメンバーとして中島健蔵賞をそれぞれ受賞。2005年5月静岡県文化奨励賞を受賞。1990年より25年にわたり水戸室内管弦楽団の常任メンバーとして活躍。これまでに、ソリストとして水戸室内管弦楽団や国内主要オーケストラ、海外のオーケストラとも共演するほか、コンサートミストレスとしても客演する。国内外の音楽祭にそれぞれ演奏家、講師として招待される。ロンドン、パリ、プラハ、ワルシャワ、クレモナなどヨーロッパ各地の演奏会においても好評を得る。各ホール主催企画のコンサートやファイン・デュオとしてリサイタルを東京をはじめ、全国各地にて開催し好評を得る。内外の一流演奏家と共演するなど、室内楽においても常に高い信頼を得ている。2012年から2014年にかけてはベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全曲録音および演奏会(全5回)を蓼沼明美(Pf)と開催しその充実ぶりが絶賛された。2015年、カルテット・プラチナムを結成。これまでに開催された、4回の定期公演は、注目の演奏会となっている。
 CDはアルバム 日本の響Vol.1,2,3 『悲歌』『哀愁の日本』『妖精の距離』をカメラータ・トウキョウより、ベートーヴェン・ヴァイオリン・ソナタ全曲(全4枚)をアート・ユニオンよりリリースし各雑誌にて絶賛される。2016年3月、CD日本の響Vol.4 『日本人女性作曲家の作品をめぐって』をカメラータ・トウキョウより発売。
 現在、東京藝術大学および付属音楽高校、愛知県立芸術大学各講師、洗足学園音楽大学客員教授、常葉短期大学客員教授を務める。

■ Profile

■ リンク

■ その他

■ 来日/演奏会

■ 過去の演奏会
2014年5月22日(木) 「日比啓子ソプラノリサイタル~アンサンブルとともに~」

■ 沼田園子の商品

◎CD

28CM-658 日本の響‐Vol.3 妖精の距離/沼田園子&蓼沼明美 ファイン・デュオ~よみがえる日本の小品集
TORU TAKEMITSU: DISTANCE DE FÉE / Sonoko Numata & Akemi Tadenuma

30CM-409 武満 徹:「悲歌」/沼田園子&蓼沼明美 ファイン・デュオ 日本の響‐Vol.1
Toru Takemitsu: "HIKA" / Sonoko Numata & Akemi Tadenuma FINE DUO I

30CM-477 哀愁の日本~日本のヴァイオリン音楽の創世/沼田園子&蓼沼明美 ファイン・デュオ 日本の響き‐Vol.2
Kosaku Yamada: CHANSON TRISTE JAPONAISE / Numata & Tadenuma FINE DUO II

CMCD-28298 マイ・フェイヴァリット・ソングス~私の愛する歌/日比啓子
My Favorite Songs / Keiko Hibi

CMCD-28333 日本の響─Vol.4 お百度詣〜日本人女性作曲家の系譜/ファイン・デュオ 沼田園子 蓼沼明美
Supplication Hundredfold — Genealogy of Female Japanese Composers / Sonoko Numata & Akemi Tadenuma FINE DUO

◎DVD/BD