facebook
             
             
コンサート情報 
アーティスト 
チケット購入 
コンサートのお問合せ 
Artists 会社概要 お問合せ English サイトマップ プライバシーポリシー        



    前のページへ戻る


 クリスティアン・ゲルハーヘル Christian Gerhaher (Br)
 
クリスティアン・ゲルハーヘル
Christian Gerhaher (Br)
歌手
Singer
◆招聘・所属アーティスト Concert Artists
バリトン
 
■ プロフィール
 ミュンヘンでパウル・クーエンとライムント・グリュンバッハに師事。ミュンヘン国立音楽大学のオペラ科、ゲルハーヘルの専属ピアニストであるゲロルト・フーバーと共に、同音楽大学のフリーデマン・ベルガー教授の下でリートを学ぶ。医学を学びながら、ディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウ、エリザベート・シュヴァルツコプフ、インゲ・ボルクのマスタークラスを受講し、声楽教育を修了した。現在では自身も情熱を持って、後進の指導にあたり、アルデブルク音楽祭、イェール大学、アムステルダム・コンセルトヘボウ、シュヴェッツィンゲン音楽祭でマスタークラスを開催。また、名誉教授としてミュンヘン国立音楽大学にてワークショップを行なっている。

 数々の録音作品が受賞しているゲルハーヘルとフーバーほど、リート解釈の分野において基準となっている音楽家はいない。シューベルトの作品を収めた『夕暮れの情景』は2006年にグラモフォン賞を、また同年のシュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭では北ドイツ放送音楽賞を受賞。2009年にはシューマンの作品を収めた『メランコリー』で、エコークラシック賞年間最優秀歌手とBBC音楽賞、更に、ラインガウ音楽賞も受賞。続く2010年には、マーラーのアルバムがMIDEMクラシック賞年間最優秀歌手、オランダのエディソン・クラシック賞、ドイツ・レコード批評家賞年間最優秀賞を受賞した。

 2人のデュオは国際的に有名なロンドンのウィグモアホール、アムステルダムのコンセルトヘボウ、ケルンとベルリンのフィルハーモニー、ウィーンの楽友協会とコンツェルトハウス等で聞くことができる。ゲルハーヘルは定期的にシュヴェッツィンゲン音楽祭、ラインガウ音楽祭、ロンドンのプロムス、エディンバラ音楽祭、ルツェルン音楽祭、アメリカのアスペン音楽祭、タングルウッド音楽祭に定期的にゲストとして出演している。今シーズンのデュオはマーラーのプログラムで、ロンドン、アムステルダム、ケルン、ドルトムント、マドリッド、ミュンヘン、ベネツィア、トリノ、ラインガウ音楽祭での演奏が予定されている。

 コンサートとリートの分野で幅広く活躍する一方、オペラ作品にも数多く出演している。特に、フランクフルト歌劇場とは良好な関係を築いており、頻繁に出演している。2006年ザルツブルク音楽祭で、リッカルド・ムーティ指揮の下パパゲーノを歌った。(デッカよりDVDが発売されている。)ヘンツェのホンブルクの王子をアン・デア・ウィーン劇場で、「タンホイザー」のヴォルフラムをマドリッド歌劇場、ウィーン国立歌劇場、バイエルン国立歌劇場、ロンドンのコヴェントガーデン王立歌劇場で歌った。2010-11年は、バイエルン国立歌劇場で、モーツァルト「フィガロの結婚」の伯爵を歌いシーズンをスタートさせた。この先には、フランクフルト歌劇場で「こうもり」のアイゼンシュタイン、「ペレアスとメリザンド」のペレアス、トゥールーズ市立歌劇場で「ドン・カルロ」のポーザ公爵が予定されている。

 これまでに、ニコラウス・アーノンクール、ヘルベルト・ブロムシュテット、ハインツ・ホリガー、サイモン・ラトル、ケント・ナガノ、マリス・ヤンソンス、ベルナルド・ハイティング、ピエール・ブーレーズ、クリスティアン・ティーレマンといった著名な指揮者と世界中の主要なホールに出演。マーラー作品では、リッカルド・シャイー(「少年の魔法の角笛」ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管)、ダニエル・ハーディング(「大地の歌」バイエルン放送響)、グスターヴォ・ドゥダメル(「さすらう若人の歌」ミラノ・スカラ座管)、ピエール・ブーレーズ(「少年の魔法の角笛」クリーヴランド管、ドイツ・グラモフォンよりCD化)と共演。ベルリン・フィル、ウィーン・フィル、ミュンヘン・フィル、コンセルトヘボウ管には定期的に招かれている。ヨーロッパ以外でも、NHK響、ボストン響、クリーヴランド管、シカゴ響に客演している。

 ソニーミュージックの専属アーティストとして数々のCDをリリース。既にパートナーのフーバーと、シューベルトの三大歌曲集、シューマンの歌曲集を録音。その他、アンネ・ゾフィー・フォン・オッターとの「テレージエンシュタットの失われた作品を歌う」(ドイツ・グラモフォン)等の録音にも参加している。オーケストラとの楽曲では、メンデルスゾーン「エリアス」(ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管/ヘルベルト・ブロムシュテット指揮)、カール・オルフ「カルミナ・ブラーナ」(EMI-ベルリン・フィル/サイモン・ラトル指揮、ドイツ・グラモフォン-バイエルン放送響/ダニエル・ハーディング指揮)、マーラー「大地の歌」(モントリオール響/ケント・ナガノ指揮)、ニコラウス・アーノンクール指揮ではハイドンのオラトリオ「天地創造」「四季」、オペラ「騎士オルランド」、バッハ「クリスマス・オラトリオ」、シューマン「楽園とペリ」、コンセルトヘボウ管と同じくシューマンの「ゲーテのファウストからの情景」(RCOライヴ)がリリースされている。フーバーとのマーラーの歌曲を納めたアルバムには、「さまよう若人の歌」、「リュッケルトの詩による歌曲」が収録されている。

 ゲルハーヘルは夫人と3人の子どもと共にミュンヘンに暮らしている。

(2011-12)

■ Profile
During his studies under Paul Kuen and Raimund Grumbach, German baritone Christian Gerhaher also attended the Opera School of the Academy of Music in Munich, and together with his regular piano partner Gerold Huber studied lied interpretation with Friedemann Berger. While completing his medical studies Christian Gerhaher perfected his vocal training in master-classes given by Dietrich Fischer-Dieskau, Elisabeth Schwarzkopf and Inge Borkh. In the meantime Christian Gerhaher is himself an enthusiastic teacher and gives master-classes at Aldeburgh Festival, Yale University, Concertgebouw Amsterdam, at the Schwetzingen Festival, and in his position as honorary professor he holds workshops at the Academy of Music in Munich.

Christian Gerhaher’s exemplary lied interpretations with Gerold Huber set standards, and their recordings have been highly acclaimed. Their Schubert album Abendbilder received the Gramophone Award in 2006. In the same year Christian Gerhaher was honoured with the NDR Musikpreis at the Schleswig-Holstein Musik Festival. 2009 he was granted the renowned German Rheingau Musikpreis and for his Schumann recording Melancholy he not only received the BBC Music Award but also the "Echo Klassik" in the category Singer of the Year followed 2010 by the MIDEM Classical Award as Singer of the Year as well as the Dutch Edison Klassiek for his recent Mahler album.

The lied duo can be heard on the stages of major international recital centres, for instance at the Wigmore Hall in London, the Concertgebouw Amsterdam, the Cologne and Berlin Philharmonie, the Konzerthaus and Musikverein in Vienna. Christian Gerhaher is a regular guest at Schwetzingen Festival, Rheingau Musik Festival, Vienna Festival, Klangbogen Festival, the Maggio Musicale Fiorentino, the London Proms, the Edinburgh and Lucerne Festivals, as well as the Aspen and Tanglewood Festivals in the USA.

The lied recitals of the current seasons are mostly dedicated to Gustav Mahler. Performances will take them to London, Amsterdam, Cologne, Madrid, Munich, Venice, Torino, Rome and they will also return to Rheingau Musik Festival.

Besides his activity giving concerts and recitals, Christian Gerhaher also performs in select opera productions, for instance, he has a close association with the Frankfurt Opera House. Under Riccardo Muti he was Papageno in a production of The Magic Flute at the Salzburg Festival in 2006 (issued by Decca as a DVD). Gerhaher has been given guest performances in the title role in Henze’s Prinz von Homburg at the Theater an der Wien, as Wolfram at the Teatro Real Madrid, at the Vienna State Opera and Munich State Opera, and at the Royal Opera House Covent Garden in London. He started the 2010/2011 season as the Count in Mozart’s Le nozze di Figaro in Munich. In future he is scheduled to sing the role of Eisenstein and Pelléas, both in Frankfurt, and Posa in Don Carlos in Toulouse. The recipient of countless awards for his lieder singing is likewise recognized for his operatic work and was consequently elected by the magazine "Opernwelt" as "Best Singer of the Year 2010" for his portrayals of Prinz von Homburg and Wolfram in Vienna und Munich.

Christian Gerhaher has performed together with conductors such as Nikolaus Harnoncourt, Herbert Blomstedt, Heinz Holliger, Simon Rattle, Kent Nagano, Mariss Jansons, Bernard Haitink and Christian Thielemann in the world’s major concert halls. The music of Gustav Mahler brought him together with Riccardo Chailly (Wunderhornlieder with the Leipzig Gewandhausorchester), Daniel Harding (Das Lied von der Erde with the Bavarian Radio Symphony Orchestra), Gustavo Dudamel (Lieder eines fahrenden Gesellen at La Scala Milan) and Pierre Boulez (Wunderhornlieder/Cleveland Orchestra). Other major orchestras which regularly invite Christian Gerhaher to perform include Concentus Musicus Wien, Berlin, Munich and Vienna Philharmonic, and Royal Concertgebouw Orchestra. He also gives concerts with major orchestras outside Europe, including NHK Symphony Orchestra, Boston Symphony Orchestra, Cleveland Orchestra and Chicago Symphony Orchestra.

Since the beginning of his recording activity Christian Gerhaher’s CDs have been issued by Sony Music, with which he has an exclusive partnership (exceptions are stated in brackets). With his accompanist Gerold Huber, Schumann cycles, all the Schubert cycles as well as many other lied recordings have been issued, such as for example Terezín Theresienstadt with Anne Sofie von Otter (Deutsche Grammophon). Furthermore, Christian Gerhaher can be heard on CDs singing in orchestral works: Mendelssohn’s Elias with the Gewandhausorchester Leipzig conducted by Herbert Blomstedt, twice Orff’s Carmina burana with the Berlin Philharmonic and Simon Rattle (EMI) and NEW with the Bavarian Radio Symphony Orchestra and Chorus conducted by Daniel Harding for Deutsche Grammophon, Mahler’s Das Lied von der Erde (The Song of the Earth) with the Montreal Symphony Orchestra conducted by Kent Nagano and Wunderhornlieder (Cleveland Orchestra/Magdalena Kožená/Pierre Boulez). With Nikolaus Harnoncourt Christian Gerhaher has made recordings of Joseph Haydn’s two oratorios The Creation and The Seasons, Bach’s Christmas Oratorio, Schumann’s Das Paradies und die Peri and also the recording of the live concert performance of the Faust Scenes with the Concertgebouw Orchestra, on the orchestra’s own label RCO Live. End of 2009 the latest solo CD with Gerold Huber has been issued, a recording of songs by Gustav Mahler.

Christian Gerhaher lives with his wife and their three children in Munich.

2011-12

■ リンク
公式ホームページ(独語/英語版)

■ その他

■ 来日/演奏会

■ 過去の演奏会
2011年12月3日(土) 「クリスティアン・ゲルハーヘル バリトン・リサイタル中電グループプレゼン津 ザ・コンサートホール‘音楽の愉しみ‘Vol.10」
2011年12月5日(月) 「クリスティアン・ゲルハーヘル 〜マーラーの二夜~ 第一夜」
2014年1月8日(水) 「クリスティアン・ゲルハーヘル ~シューマン歌曲集の夕べ~ 【第1夜】」
2014年1月10日(金) 「クリスティアン・ゲルハーヘル ~シューマン歌曲集の夕べ~ 【第2夜】」
2014年1月12日(日) 「クリスティアン・ゲルハーヘル バリトン・リサイタル ~シューマン歌曲集」

■ クリスティアン・ゲルハーヘルの商品

◎CD

◎DVD/BD