facebook
             
             
新譜情報
近日発売予定 
商品一覧 
購入方法 
ダウンロードショッピング 
Artists 会社概要 お問合せ English サイトマップ プライバシーポリシー        



    前のページへ戻る


J.S.バッハ:フランス組曲 第1集/コルネリア・ヘルマン
J.S.Bach: French Suites No.1, No.2, No.5 & No.6 / Cornelia Herrmann
 

音源の形式
CD CD

ジャンル: 器楽曲
品番: CMCD-25038
ディスク枚数: 1枚
税抜価格: 2,381円
税込価格: 2,571円
発売日: 2013年1月25日
JAN: 4990355006238

コルネリア・ヘルマン

 
内容解説
■曲目
J.S.バッハ:
[1]-[6] フランス組曲 第2番 ハ短調 BWV 813
[7]-[13] フランス組曲 第5番 ト長調 BWV 816
[14]-[18] フランス組曲 第1番 ニ短調 BWV 812
[19]-[26] フランス組曲 第6番 ホ長調 BWV 817

■演奏者
コルネリア・ヘルマン(ピアノ)

■録音
2012年6月/名古屋



■ キャンペーン情報
インストア・イベント開催:2013年2月24日タワーレコード渋谷店

待望の最新盤!! 原点に立ち戻り録音した入魂のバッハ

 デビュー以後、国際的な活躍を続けるヘルマンがついに自身の“原点”ともいえるバッハ作品の中から、本公演でも披露するフランス組曲を録音。A.シフの師としても知られる名教師フェレンツ・ラドシュの薫陶も受けた彼女の溢れんばかりの才能がつまったピアノによるバッハ演奏の新たな必聴盤です!!

●JVC K2レーザー・カッティングによる高音質


プロデューサー・ノート 
井阪紘

 コルネリア・ヘルマンは1996年、ライプツィヒで開催されている「J. S. バッハ国際コンクール」にて最年少19歳で最高位を獲得、これがピアニストとしての最初のキャリアとなり、その後も1999年ザルツブルクの「モーツァルト国際コンクール」での特別賞受賞等、着実に多くの人々から称賛され、認められて演奏家の道を歩んできた。
 2005年には、私の古巣であるビクター・エンターテイメントからCDデビューを果たした。プログラムはアンコール・ピースを集めた「ピアノ名曲集」で、翌年にはシューマンの「幻想小曲集」を含むシューマン&ブラームス・プログラムをリリースしている。2007年には5月から7月にかけて、日本各地の主要オーケストラ(NHK響、山形響、九州響、広島響)と共演している。
 この頃に、私は当時、昭和女子大学の理事長であった人見楷子さんを通じて、ヘルマンのお母さんと知り合い、ウィーンで何回かお茶をご一緒したりした。当初は、日本での演奏活動の場を拡げて行く上での助言をする程度だったのが、時にはコルネリア本人と食事をすることもあり、日本でのアクティヴィティを私共の会社で引き受けるところまで発展した。
 私の専門職はレコード・プロデューサーだから、このところ5年以上レコーディングから離れている彼女に、「録れたいプログラムが見つかったら、いつでも相談には乗れますよ」と伝えた。
 2012年は札幌のPMFに招かれ、音楽監督ファビオ・ルイジの指揮で「ペトルーシュカ」を共演するビッグ・チャンスにも恵まれ、その機にレコーディングもしようと提案した。彼女はレコーディングは慎重に、時間を別枠にとって考えていたようで、PMFの前の6月にウィーンから飛んできて、録音の仕事だけをして帰った。
 彼女の希望していたプログラムは、J. S. バッハの「フランス組曲」全曲であった。おそらくヘルマンは、久しぶりにレコーディングをするにあたり、自分のデビューであったライプツィヒの「J. S. バッハ国際コンクール」の折に充分に習い、初々しい気持で人前で弾いたバッハに戻りたかったに違いない。
 バッハだけで1枚のピアノ・ソロを録音するのは、私にとっては1975年にアンヌ・ケフェレックとパルティータ第5番、第2番、「半音階的幻想曲とフーガ」を録れて以来だ。ケフェレックの場合、ミュンヘン国際音楽コンクールで優勝して最初に録音したのは、シューベルトの「即興曲」と「楽興の時」だった。パリのコンセルバトワールで学んだ彼女は、自分の足りない音楽経験をウィーンの夏期講習に来て、バドゥラ=スコダやデームスに学んだ直後だっただけに、エラートというレーベルでカタログに空きがあったシューベルトをデビュー録音に選んだのだろう。
 ヘルマンは1990年代の中頃から、ハンガリーのブダペストまで足を延ばして、草津アカデミーでも数年間、講師をされていたフェレンツ・ラドシュに就いて長く学んでいる。ラドシュ教授は、アンドラーシュ・シフの師である。ヘルマンも、バッハをピアノで弾く方法をたっぷり教わったに違いない。
 ラドシュ-シフ-ヘルマンと、世代の違うバッハのピアノによる演奏の伝統を、多くの人に味わってもらいたい。
 なお、録音にあたっては、名古屋電気文化会館に大変お世話になった。このホールにある象牙(アイボリー)鍵盤時代のスタインウェイの状態はすばらしく、今回のバッハの録音でも大いに活躍した。深く感謝したい。

Johann Sebastian Bach (1685-1750)
[1]-[6] French Suite No.2 in C Minor BWV813
[7]-[13] French Suite No.5 in G Major BWV816
[14]-[18] French Suite No.1 in D Minor BWV812
[19]-[26] French Suite No.6 in E Major BWV817

Cornelia Herrmann, piano (Steinway & Sons)

Recorded: June 18-20, 2012 / Denki Bunka Kaikan The Concert Hall, Nagoya, Japan




■ アーティスト関連商品

◎CD

●CMCD-25040 J.S.バッハ:フランス組曲 第2集/コルネリア・ヘルマン
J.S.Bach: French Suites No.3, No.4 & Overture in the “French Style” / Cornelia Herrmann

●CMCD-25041 J.S.バッハ:イタリア協奏曲/コルネリア・ヘルマン
J.S.Bach: Italian Concerto / Cornelia Herrmann

●CMCD-25043 J.S.バッハ:パルティータ 第1集/コルネリア・ヘルマン
J.S.Bach: Partitas No. 2, No. 3 & No. 4 / Cornelia Herrmann

◎DVD/BD