facebook
             
             
コンサート情報 
アーティスト 
チケット購入 
コンサートのお問合せ 
Artists 会社概要 お問合せ English サイトマップ プライバシーポリシー        



    前のページへ戻る


 ジュゼッペ・ノヴァ Giuseppe Nova (fl)
 
ジュゼッペ・ノヴァ
Giuseppe Nova (fl)
管楽器
Winds
★レコーディング・アーティスト Recording Artists
フルート
 
■ プロフィール
 同世代屈指のイタリア人フルート奏者のひとりに挙げられるジュゼッペ・ノヴァは、1982年にトリノのジュゼッペ・ヴェルディ音楽院を卒業し、同年の若手音楽家のためのコンクールに優勝している。
 ノヴァは、イタリア・ラジオ放送交響楽団のソリストとしてデビューし、その後まもなく音楽学校によって開催されたリヨン国際コンテストで優勝。世界的に有名なフルート奏者であるマクサンス・ラリューに4年間師事した。
 The Diplome National d’Etudes Superieures Musicalesの受賞歴もある。これまでに、マクサンス・ラリュー、ブルーノ・カニーノ、アラン・マリオン、カトリン・フィンチ、ルチアーナ・セッラ、クラウディ・アリマニーなどのアーティストのほか、複数のオーケストラと協演してきた。
 また、ソリストのほかに、イタリア国内の音楽コンクールの審査員や教師としてもキャリアを重ねており、ヨーロッパ各地、米国、日本および中国で演奏を行ったほか、マスター・クラス指導の経験もあり、現在はローマ国際芸術アカデミーとアオスタ音楽院で教師を務めている。
 1997年~1999年にはジュネーヴ音楽院でマクサンス・ラリューのアシスタントを務めた。また、同時期にコブレンツ音楽週間(ドイツ)でのクラスも受け持った。
 ノヴァは、ヤマハが彼のために作った金のフルートを使用している。
 先日の日本ツアー中、『ラ・カンパネラ』と『ザ・フルート』の両誌の特別インタビューが行われた。イタリアの『ファ・ラ・ウトゥ』誌もインタビューとCD紹介の特集を組んでいる。
 ジェフ・ジルバーシュラーグとラリー・ヴォーテと共にイタリア&アメリカ・フェスティヴァルを創設し、その芸術ディレクターを務めるノヴァは、最近では『フルート・トラヴェルソ』(イタリア、EDTエディション)という書籍の「20世紀末に台頭したフルート奏者…国際的に活躍するソリスト」に掲載されている。
 昨年はイタリア、ドイツ、米国、日本、中国、マルタ、スペイン、フランスおよびルーマニアでツアーを実施した。
ノヴァの演奏は、各国のメディアで、「魔法のような名人芸」(ガゼッタ・デル・スード)、「音色の美しさと優れた技量」(ロング・アイランド、G.シティ・ライフ)、「類まれな音楽センス」(イル・ジョルナーレ)、「聴衆を魅了する演奏」(ヌルティガー・ツァイトゥング、ドイツ)、「音楽という芸術の完全な姿」(Nice Matin、France)、「お見事!」(il Secolo XIX)、「洗練された音楽センス」(ザ・サンデー・タイムズ、マルタ)および「魅力的」(ワシントン・ポスト)、「素晴らしいとしか言いようがない」(コンサート・レビュー、英国)などと称賛されている。
 カメラータからは、クラウディオ・ブリツィとの共演による「W.A.モーツァルト:ソナタ K.10~K.15」や「ボワモルティエ:トリオ・ソナタ」などが発売されている。


■ Profile

■ リンク
公式ホームページ:www.giuseppenova.com

■ その他

■ 来日/演奏会

■ 過去の演奏会

■ ジュゼッペ・ノヴァの商品

◎CD

CMCD-28101 W.A.モーツァルト:ソナタ K.10~K.15/ノヴァ&ブリツィ
W.A.Mozart: 6 Sonatas K.10–K.15 / Giuseppe Nova & Claudio Brizi

CMCD-28213 ボワモルティエ:5つのトリオ・ソナタ 作品37、6つのソナタ 作品34/ノヴァ、シュルツ、ブリツィ
Boismortier: 5 Trio Sonatas Op.37 and 6 Sonatas Op.34 / Nova, Schulz, Brizi

◎DVD/BD