facebook
             
             
コンサート情報 
アーティスト 
チケット購入 
コンサートのお問合せ 
Artists 会社概要 お問合せ English サイトマップ プライバシーポリシー        



    前のページへ戻る


 フランツ・バルトロメイ Franz Bartolomey (vc)
 
フランツ・バルトロメイ
Franz Bartolomey (vc)
弦楽器
Strings
★レコーディング・アーティスト Recording Artists
チェロ
 
■ プロフィール
 ウィーンに生まれる。ウィーン音楽・表現芸術大学でリヒャルト・クロチャック教授に師事し、エマヌエル・ブラベック教授から個人指導を受けた。
 これまでに、1963年のブダペスト、1966年のモスクワ、1967年のウィーンなど数多くの国際コンクールで賞を受賞している。
 現在、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の首席チェロ奏者を務めているが、同楽団の所属は、ソロ・クラリネット奏者だった祖父、ヴァイオリン奏者だった父に次ぎ、実に3代目となる。
 バルトロメイは、ソロ演奏および室内楽でも国際的に活動しており、ウィーン・ゾリステン・アンサンブル、ウィーン・ゾリステン・トリオ、アンサンブル“Do You Know?”、ウィーン・ヴィルトゥオーゼンに所属している。
 ソロ奏者としては、レナード・バーンスタイン、ジェームズ・レヴァイン、ダニエル・バレンボイム、アンドレ・プレヴィン、ベルナルド・ハイティンク、マリス・ヤンソンス、サイモン・ラトルほか、数々の巨匠の下での出演歴がある。
 室内管弦楽の共演者には、アンドレ・プレヴィン、オレグ・マイセンベルク、ダニエル・バレンボイム、クリスティアン・アルテンブルガー、イーゴリ・オイストラフ、ボリス・ペルガメンシコフ、ギル・シャハム、シュテファン・ヴラダー、シルヴィア・マクニール、バーバラ・ボニー、ジェシー・ノーマン、トーマス・ハンプソンといった著名演奏家が名を連ねている。
 また、定期的にマスター・クラスも教えている。
 フランツ・バルトロメイの演奏は、これまでにいくつかのテレビ、ラジオ、CDに記録されてきた(なかでも、アンドレ・プレヴィン指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏でTELARCからリリースされたリヒャルト・シュトラウスの「ドン・キホーテ」での演奏は特筆に値する)。また、ナクソスやBMGといったレーベルにも、バルトロメイの演奏が収録されている。
 さらに、2004年以降は、クラウディオ・アバド率いるルツェルン祝祭管弦楽団でも首席チェロ奏者を務めている。
 現在使用しているチェロは、ダヴィッド・テヒラー製(1727年、ローマ)である。

■ Profile

■ リンク
公式ホームページ:www.franzbartolomey.at

■ その他

■ 来日/演奏会

■ 過去の演奏会

■ フランツ・バルトロメイの商品

◎CD

CMCD-15091~2 モーツァルト(ホフマイスター編):フルート四重奏曲集/シュルツ、バルトロメイ
W.A.Mozart (arranged by Hoffmeister): Flute Quartets / Schulz, Bartolomey

CMCD-28239 ウェーバー、フンメル、メンデルスゾーン:フルート三重奏曲集/シュルツ、バルトロメイ、ボーグナー
Weber, Hummel, Mendelssohn: Flute Trios / Schulz, Bartolomey, Bognár

◎DVD/BD